豊橋市三ノ輪町の整体・整体院なら豊橋三ノ輪活法整体院へお越しください。 肩こりや、頭痛、腰痛、ぎっくり腰、股関節痛等でお困りの方はお任せください。その時だけでなく根本から解決をしていきます。 飯田線・東海道本線 「豊橋駅」より豊鉄バス「山中橋」下車・徒歩2分、豊橋鉄道東田本線 「運動公園前駅」より車で6分です。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0532-22-8465
受付時間 10:00~21:00
〒440-0838 愛知県豊橋市三ノ輪町5丁目57番地 アビタシオン三ノ輪 C号 店内2階
公開日:2018年4月18日
最終更新日:2018年6月11日

こんにちは

新緑の季節ですね。

梅雨に入り 暑くなってきた今日この頃です。

三ノ輪町の由来を調べました。

豊橋三ノ輪活法整体院は豊橋市三ノ輪町にあります。

「地域に根ざした整体院にしたい」という思いから「豊橋三ノ輪」を屋号に入れました。

「三ノ輪」という地名の由来が気になり調べました。

漢字でなく「みのわ」とすれば 箕輪 蓑輪 箕和 萁曲 と
読みは同じで漢字が違う「みのわ」があります。

参考(日本歴史地名大系ジャーナル)
https://japanknowledge.com/articles/blogjournal/interest_chimei/entry.html?entryid=82

箕和
「和名抄」伊勢国度会郡の郷名
現在の三重県度会郡御園村にあたる。
吉田東伍が「水曲」としているように、「川の曲流」を指す地名。

当院の横には「山中川」が流れています。

箕輪、三ノ輪
中部以東 関東 東北に分布する地名。
古代では箕の形をした円形の垣で囲まれた集落をいうが中世には入ると、
防御的な豪族屋敷村の地名として多用される。

豊橋市三ノ輪町の管轄沿革の資料の
一番古い記録では
「永禄7年 酒井左衛門尉ノ封土ニ係イ」
とありました。

三河国渥美郡三ノ輪村史には
「本村、古時ヨリ字名ヲ三ノ輪ト称スト雖(いえど)モ
人家ハ壱戸モ無之、御一新以来明治二巳年三月ノ頃ヨリ旧豊橋藩士族ノ者八十余名居宅ヲ設けて一村ヲ開キ、字名ヲ用ヒテ三ノ輪村ト称ス」

とあります。

永禄7年は1564年で室町時代になります。
この時代からの記録が残っていますが、
それ以前から「三ノ輪」という地名はここにあったかもしれません。

また三河国渥美郡三ノ輪村史によれば明治時代まで人が住んでいなかったようです。
にもかかわらず、古い時代より「三ノ輪」と称されていたことから、
何か特別な場所だったのでは と推察します。

三輪山 三輪明神 大神神社と地名の「三ノ輪」は何か関連していると思っていましたが、
資料には何も記載されていませんでした。

私はこの「三ノ輪」という漢字や響きが好きです。

輪が三つ重なって立体になり「輪」が「和」となって広がっていく。
このようにイメージしています

この記事の著者

豊橋三ノ輪活法整体院
記事一覧